リフォーム費用一体型住宅ローン

既にリフォームして販売されている中古マンションだと、ご自身のライフスタイルに合わないので、購入してからリフォームを行って住み換える人からの、問い合わせが最近増えています。

以前はリフォームのローンについては、購入時のローンとは別に契約することが多かったのですが、リフォーム一体型住宅ローンというものを取り扱う金融機関が出てきたようです。

返済期間を長期にできるし、普通のリフォームローンよりも金利が安いので、現在のニーズに合っていると思います。

また、今お住まいになっている家が経年劣化でリフォームしなくてはならないとき、まだ住宅ローンが残っているので、リフォーム費用を上乗せして借り換えるという選択をするかたも多く相談にみえられます。以前のローン金利を借り換えで下げられれば、その分リフォームの費用が抑えられる計算になるわけです。金利が下がっている今だからできる選択肢です。