マンションの床に無垢のフローリングを貼った一例

既存の床はモルタルの上にクッションの付いたフローリングが貼られていました。これを無垢のフローリングにする場合の一例をご紹介します。

 

まず、既存のフローリングを剥がすことからです。接着剤がしっかりとついているため、剥離するのにかなりの手間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに剥がしたら、防音等級LL45の二重床を敷き詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支持脚に防音性能のゴムが付いていて、上にパーティクルボードが留められています。

 

 

 

 

 

 

 

その上に12.5㎜の合板を留めて行きます。かなりしっかりとした下地になっています。写真の銀色の部分は床暖房が敷きこまれています。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げにフローリングを貼っていきます。無垢の場合は温度によって伸縮が発生するので、逃げを考えて施工することが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

床のフローリングが完成した後で、壁や天井のクロスや電気工事など様々な工事がありますので、貼ったあとには養生ボードを上から被せてキズなどから保護しなければなりません。

ふわふわした足ざわりのフローリングから、しっかりとした床になりました。

 

 

普段は引戸を開けて広いリビングに!

来客が泊まりに来た時だけ、仕切って部屋にしたい間仕切り

マンションをリノベーションする際に、リビングをを広く使いたいけど、ご友人などが泊まれるように、間仕切りして部屋にも出来るようにとのご依頼でした。

そこで、梁よりも背の高い引戸を3枚天井から吊る方式で取り付け、全ての引戸は戸袋を作って収納できるようにしました。

吊っているので、下部にはレールも不要ですので、床のフローリングも切れ目がなくスッキリしています。

照明器具は天井にはスタイリッシュなシーリングライトとダウンライトをリビングと同じものにして、統一感を出すとともに、シーンに合わせて調色調光できるようになっています。

年に数回しか使わないところを間仕切りするよりも、ゆったりとした空間を優先することができました。

戸建てのタイル貼の在来浴室のリフォーム

タイル貼りの在来のお風呂をリフォームする方法

戸建てにお住まいの方から、タイル貼の在来浴室をリフォームしたいとのお話をよく受けます。

方法としては、また在来で作り直すか、ユニットバスにするかのいずれかになります。

在来にするメリットは、今の大きさのままで改修できることです。床が冷えるのは、タイルを冷えにくいものにかえればある程度対応できます。壁のタイルはパネルにすれば、メンテナンスは楽です。デメリットとしては、ユニットバスよりも費用が掛かること、工事期間が最低でも一週間以上かかることなどです。お住まいのままとなるとご不便になる期間が問題です。また古い在来の場合には防水工事がされていないケースもあるため注意が必要です。

ユニットバスにするメリットは、暖かさや日常のメンテナンスのしやすさ、費用などです。デメリットは広さが縦横とも10cm程狭くなることです。永く毎日使うものなのでこちらも気になります。既存のタイルなどは壊さないで設置することが多いです。

ユニットバスはメーカーのショールームで全体を見て選べますが、在来の場合の浴槽やドア、水栓、パネル、タイルなどについてはカタログからとか、小さな実物サンプルで確認頂くのが普通です。浴室乾燥機はどちらにもつけることが可能なケースが殆どです。

 

 

 

 

デザインリフォームとリフォームの違い

デザインリフォームでオシャレなお部屋を作りましょう!

デザインリフォームと聞くと高いのではないか?と感じると思われがちですが、デザインはどこにでも使われている一般的なものです。家庭で使われるものを例とすると、大きなものならシステムキッチンにしてもユニットバスでも、また照明器具などの小さなものまでデザインされたものが販売されています。世の中でデザインされていないものなど皆無ではないでしょうか。

デザインとは「機能+美しさ」を表すものだと思います。デザインされたキッチンや洗面化粧台ですから、それらに見合う空間に配置することで、より使いやすく素敵になるのです。

ユニットバスのような水回り設備を扱うメーカーは数社しかありませんので、そこから選ぶしかありませんが、他のものについては様々なメーカーが存在していて、どのように探したらいいかわからないという人が殆どだと思います。

例えとしてはおかしいかもしれませんが「おいしいカレーが食べたいけど、そのお店を知らない!」みたいな状態なのではないでしょうか。そういう状態でリフォーム会社に依頼するとなると、リフォーム会社の担当者に知識を委ねるしかないことになってしまいます。従って知識や経験が少ないリフォーム会社に依頼する人は、ご自身に知識があることが条件です。

リフォームを成功させるにはデザインが必須です。そしてそのデザインには原則として費用は掛からないのが普通です。

 

 

 

 

 

リフォームとリノベーションという言葉について

 

リフォームという言葉が使われる以前には、改修とか修繕という言い方をされていました。リフォームもかなり使い古された単語となった今から15年程前に、突然リノベーションという言葉が出てきました。

当時このリノベーションという単語は、建築業界を大きく変革するであろうという久々のビッグキーワードとして、業界で騒がれました。

業界とはもちろん建設業界でのことでした。しかしながら、リフォームとリノベーションの違いについて明快な説明することが難しいのが現実としてあります。小規模な改修工事をリフォームといい、大規模のものをリノベーションと呼ぶ場合もありますが、以前から大規模なものはフルリフォームと呼んでいました。ガスや水道などの配管を敷きなおしたり、間取りを大幅にかえるなどももちろんフルリフォームの域をでません。

当初インターネットで検索すると、リフォームの延長とされていたリノベーションでしたが、最近ではリノベーションに物件という単語が付帯されてリノベーション物件というような、不動産用語に変化しているような気がします。あくまで私の感覚ですので間違っているかもしれませんが。

一般的に中古不動産を不動産会社等が個人から買い取り、不動産会社がリフォームして販売しているものが、リノベーション物件として売り出されています。リノベーションマンションのような表現です。リフォーム済マンションというよりリノベーションマンションと言うほうがオシャレなイメージがあるので、不動産業界でよく使われるようになっています。

従ってリノベーション物件とは何かというと、購入されるかたに選んでもらえるようにリフォームされた不動産という位置づけになると思います。

このように、リノベーションという言葉は今でも使い方が難しい単語です。

ただ、入居率が低い賃貸物件を賃貸効率のいい不動産に生まれ変わらすためのプロジェクトを組んで施工するような場合はリノベーションという表現が当たっていると考えます。いわゆる経済効率を改善するようなリフォームで、経済的満足を受ける高度に企画されたリフォームです。

寮をマンションに変えるようなものは、リノベーションではなくコンバージョン(用途変更)として呼ぶことが普通です。

多少不満があるが、綺麗にリフォームされている中古不動産(リノベーション物件)に自分のライフスタイルを合わせて住むという選択ではなく、リフォームしていない中古不動産を取得して自身のお好みにリフォームすることにより、大きな精神的な満足や安心を受けることができる高度なリフォームであれば、それをリノベーションと呼んでもいいと私は考えますがいかがでしょうか。またお住まいの住宅をリフォームする場合でも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

 

IKEAとニトリ

先日久しぶりに立川のIKEAに行ってきました。調布から車で1時間程度です。今回はオフィスで使用するものを選び、1階の倉庫で商品をカートに積み込み、そして会計をして配送の手続きをしましたが午前中に済ませたので、とてもスムースで快適でした。商品も日本のサイズに合わせて小さくなったみたいです。ランチは2階で人気のミートボールを頂きました。以前に行った時は、2Fが家具で1Fには小物があったような気がしていましたが(私の勘違い?)、今は全て2Fに展示されていました。

そのあと府中にあるニトリにも行きました。IKEAに比べると面積は小さいですが、商品を探すのは楽でした。ファブリックを選ぶのもとてもわかりやすい配置でした。午後は混んでくるようです。

家具といえば、長く使い込んでいくという以前の思考から、買い替えて使いたい人の割合が増えているのがこの両店を訪問するとわかるような気がします。

いいデザインのものも多くなっていますし、昔の家具に比べ軽量化しているのが現状のニーズに合っているのでしょうか。

巨大な迷路のようなIKEA では、必要でないものにも興味を持ったり、コーディネートされたブースを見てイメージを膨らますこともできますし(3000歩は歩きます?)、ニトリは狛江・府中など近隣にあって買い物帰りにも寄れる利便性があります。

カタログ写真で選ぶのではなく、現物の家具やファブリックを、見たり触れたり座ったりすることができるから、安心して購入できるのはいいですね。

IKEAの商品を使ってリフォーム

調布から近い水周りのショールーム

リフォームの際にキッチン、ユニットバス洗面化粧台、便器などを場合には、水周りのショールームに見に行くのが普通です。調布から近いショールームについてお話ししたいと思います。

残念ながら調布や府中にはありませんので大型のショールームが点在する立川か新宿に行くケースが多いようです、

小型のショールームですと、三鷹のTOTOや世田谷のLIXIL、小金井のシステムズヤジマなどもあります。

デザイン性を求める人ならば、世田谷のキッチンハウス、南青山の東洋キッチン、代官山のクチーナなどかお勧めです。

また、高級な輸入品を求めてポーゲンポール、ジーマティック、アルノなどのキッチンまで足を運ぶかたもいます。また、青山にあるワンプライスで人気があるサンワカンパニーもよいでしょう、

いずれのショールームを訪問する際は事前に予約をしてから行けば、コーディネーターの詳しい説明が受けられます。リフォーム会社がお客様と同行するケースが多く見受けられます。

後悔のないよう詳しい説明を受けて、見て触って選ぶことをお勧めします。

 

 

小上がりの和室

小上がりの和室で空間を楽しむのはいかがですか?

 

リビングに繋がる和室を小上がりにして、縁無し半帖タタミで仕上げる予定です。タタミの下は収納にしています。中央部は掘りごたつ風になります。

天井が高くないと小上がりには出来ませんが、腰掛けられる和室は若い方には人気があります。

調光LEDダウンライトを4台つけて、天井と奥の壁面にアクセントを施して、モダンな仕様です。

お部屋に高低差を付けると立体感がてて楽しい空間になります。

小上がりの和室
“小上がりの和室” の続きを読む

ユニットバスの交換でより広く

ユニットバスが古くなってきたので、入れ替えをしたい方からの相談が増えてきています。日々使うものなので入れ替える価値のあるものです。TOTOやLIXILなどの主要メーカーでは使い勝手のいい商品が用意されていますので、是非ショールームなどで見て触れて御覧ください。

以前よりよく使われていた1216型というのは浴室内部の床の寸法が1.2mx1.6mというものです。小さいものは1014型というものからあります。

今回は1216型の入れ替えについてお話します。新築時にユニットバスを設置するときは、ユニットバスが入るように間仕切りをしておいてから設置をするのが普通なので、設置スペースは多少の余裕があります。

その余裕のあるスペースを使って1316型にできるケースが多々あります。運が良ければもう少し大きくできるかもしれません。

入れ替える際にはマンションの場合、現在のユニットバスの天井の点検口を開けてサイズアップできるかどうかを計測しなければなりません。ここで少しの問題があります。天井から計測した寸法が床のものと違うケースが稀にあるからです。

現在のユニットバスを壊しても、入れ替え不能となってしまうわけです。リフォームの場合には壊してから翌日には新しいユニットバスを入れるのが通常ですので注意が必要となります。

新築時の設計図書を閲覧したり、他の住居での入れ替え事例などを管理組合等に確認することが安心です。