調布にて:リゾートホテルのようなバリのインテリア

今日調布の野川の近くにあるショップでバリからの輸入家具を観てきました。

北欧インテリアも人気がありますが、リゾートっぽいとなるとバリ風ですね。

新築マンションのモデルルームやエントランスロビー、もちろんリゾートマンションにはあちこちにバリ風の家具や内装が施されることが多いです。

優しいイメージがあるのと、日本古来の家具とも通じるところがあるのでしょうか。

ファブリックも合わせやすいのがバリのインテリアです。

広いショールームに色々展示されており、スタッフの方々も感じよく、家具等のコーディネートもしてもらえるとのことでした。

調布バリ風インテリア

 

 

 

 

 

 

調布 バリの収納

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリ風天蓋付ベッド

 

 

 

 

天蓋付ベッドもありました。癒されますね!

6組位の方々が来店され熱心に見ていました。

 

 

 

 

調布のオプションサポートセンター

 

 

 

配管のないところにでも洗濯機が置ける!

今回はちょっと便利?な防水パンのお話です。

古い団地とかワンルームマンションなどで洗濯機が

ベランダ置きになっているような場合は、床を解体

したりして配管をして洗濯機パンを設置することが

多いですが、この商品はキッチンなどが近接してい

るような場合に使えるものです。

いくつかの条件はあると思いますが

床上で配管できるので、大がかりな改修は不要です。

洗濯機置き場

 

 

 

 

防水パン

 

 

 

 

 

洗面所のリフォームなら

 

 

 

調布のオプションサポートセンター

 

マンションの玄関

玄関は家の顔であり、そのお宅のインテリアイメージの導入部です。安堵感・清潔感・開放感を感じる場であったり、期待や感動を与えられる空間にリフォームできたら楽しいものです。

広くない空間ですが、玄関としての機能が第一です。靴(ブーツ含む)

や傘の収納スペース、宅急便などの荷物の受取に関する機能です。

玄関とつながる廊下とのライティング、玄関は人の動きに反応する

人感センサー照明が良いこともあります。掃除を考えた際のコンセント

の配置などです。

内装の素材としては、タタキの床は人工大理石かタイルか硬質塩ビ

タイルもしくはクッションフロアから選ぶことになりますが、キズ

摩耗などを考慮するとタイルか人工大理石がお勧めです。

壁クロスは表面が強化されているものが良いと思います。

一部壁にエコカラットやミラーを貼ることも多々あります。

玄関リフォーム 玄関リフォーム

こちらのケースでは

右側におおきなミラーを貼り、天井に飾りの梁を作ってそこにダウン

ライトを埋め込んでいます。左手には下駄箱収納とカウンターがあり

白い壁に溶け込んでいます。

ミラーにダウンライトが写り込み、狭い空間なのにとても広く感じます。

正面のドアのイメージを廊下とリビングの間仕切りにデザインしました。

マンション玄関デザイン


廊下の右側にアクセントクロスを貼っています。

玄関左手には上下に収納を設けています。

リビングから明かりを取り入れるように

ドア前面に消しガラスを入れました。

リフォームのオプションサポートセンター

マンションの窓サッシの交換

マンションの年数が40年を経過したことにより、窓サッシも当時のものですから、断熱効果も防音性能も劣っているため交換することになりました。

ただ、サッシは占有部分ではなく共用部に属しているので本来ならばマンション全体で交換することが近年増えてきています。

今回は管理会社を経由して管理組合からの許可を頂き、そのお部屋単独で交換することになりました。

近隣の方々へのご挨拶と工事内容のお知らせ、エレベーター前の工事内容掲示、エレベーター壁・床等の養生をして工事に着手いたしました。

 

■既存のサッシの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシはビル用サッシで、ガラスは網入りトーメイの普通のものでした。昔は風抜きの小窓がありました。

クレセントも経年劣化のため、数年前に交換されていました。


 

■工事中の写真です

 

開口廻りのアルミサッシだけを残して、あとはずべて解体いたします。

お住まい中ですので、室内及びバルコニー廻りもしっかりと養生しています。

アルミを切断する音と電動ドライバーの音くらいで、大きな騒音は出ていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

■完成写真です

 

複層ガラスになったので断熱も防音も以前とは比べ物になりません。

今回の施工方法はカバー工法で行いました。

従って漏水等も心配ありません。

工事は1日間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォームのオプションサポートセンター

 

 

 

 

 

 

ペニンシュラ型のキッチンレイアウト

今回は

オープンキッチンであるペニンシュラ型のレイアウト例です。リフォームで一番ご依頼の多いタイプのキッチンです。設備機器や収納量そして導線を考慮してレイアウトします。

調布でペニンシュラ型システムキッチンのリフォーム

 

 

 

 

 

このペニンシュラ型のレイアウトは

小さなお子様がいるので視認性の良いようにとか

調理しているときでも会話がしやすいようにとか

壁付キッチンよりも開放的でオシャレにとか

様々な要望に応えるレイアウトと言えます。

 

 

 

 

 

最近では

換気扇もデザインの良いものが増えてきていますし

キッチンの天板の奥行が深いものや、水栓の器具も

色々用意されています。

 

照明器具もペンダントライト・スポットライト・

ダウンライト・演出照明などを適所に配置するこ

となど、点光源により陰影をつけることで

空間に奥行き感を出すこともできます。

 

キッチンとリビングが繋がっている間取の場合など

照明の選び方もポイントのひとつでしょう。

 

キッチンリフォーム実例の紹介はこちらから

 

 

 

 

調布のオプションサポートセンター

 

 

システムキッチンの吊戸をホワイトに!

今回はキッチンのベースキャビネットと吊戸の色についてのお話しです。

普通は上下とも同じ色の面材を使用します。

一体感のある設備家具に見えたほうが高級感があるのでしょうか。

 

調布システムキッチンリフォーム
通常のシステムキッチン

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンのスペースが狭かったりすると吊戸が重く感じることが

あります。

各メーカーのショールームでメーカーのコーディネーターさんは

色を変えることは進めてくれないと思いますが、同じ面材のシリーズ

であれば艶や質感が揃うので、変えてみるのも良いでしょう。

 

調布でキッチンリフォーム
吊戸をホワイトにしたシステムキッチン

 

 

 

 

 

 

 

 

このようになります。

照明の明かりが白に反射するので、明るくなります。

鏡面の面材であれば、白のほうが汚れが目立ちません。

 

ここからは感覚によりますが

すっきりした感じになるかもしれません。

下に重い色、上を軽い色にすると天井が高く感じられるかも。

私は、清潔感がでるような気がしますがいかがでしょう。

 

 

キッチンリフォームについて

 

 

 

 

調布のオプションサポートセンター